タレビン(魚型容器)への充填

魚型からソース型まで、
口が小さい容器への充填もお任せ!

魚型容器など、口の小さい容器への真空充填は大阪屋にお任せください

魚型やその他小さい容器への充填である「真空充填」。私達は食品の充填加工の専門会社として、季節商品や販促商品等で急な充填が必要になったり、スポット商品での対応が必要になったりといった皆様の真空充填のお手伝いをいたします!こちらでは、私達の行っている真空充填サービス内容についてご紹介いたします。

大阪屋のタレビン(魚型容器)への充填について

タレビン(魚型容器)への充填には「真空充填」という方法が一般的です。そんな「真空充填」についてご紹介いたします。

真空充填のメリット

少量で、口が小さい容器への充填の際に最適な充填方法です。容器そのものでの差別化もでき、商品の用途が広がるといった特徴があります。

ただし、真空充填は粘度がある内容物の場合には対応できかねます。何卒ご了承ください。

ランチャーム

おすすめ用途

お弁当などの添付商品として (しょうゆ、ソース、タレなど)

タレビン(魚型容器)への充填のよくあるトラブルと大阪屋の体制について

「ピンホール」という小さな穴が開いてしまい、中身の液漏れが発生するという現象は、真空充填の際によくあるトラブルです。
大阪屋では容器の準備と充填を社内一貫で対応し、検品まで行っているので、液漏れ商品が発生しにくい仕組みになっております。

また、色付の容器の場合は、充填容量を確認しにくいため、容量不足のものが発生するといったトラブルもよくありますが、私達は検品作業の際に、必要個数だけではなく、ランダムに「重量測定」を組み込み、不良品の排除の仕組みも整えております。

目視検品中

容器について

私達の扱っている真空充填用容器とその特徴をご紹介いたします。

魚型容器・ビン型(ポリエチレン容器 PE)

市場に一番良く流通している容器で、比較的低単価な容器です。一番よく目にするメジャーなしょうゆ容器といえるでしょう。ソースはビン型がよく使用されます。(タワー型ともいいます。)

よく使用される用途

しょうゆ、ソース

魚型容器・ビン型(ポリエチレン容器 PE)

その他少し変わった形状容器

きゅうり型や大葉など、様々な形状のものを取り扱っています。

よく使用される用途

仏事などのお弁当等

その他少し変わった形状容器

口の小さい容器や細い容器への真空充填のアウトソーシングをお考えの方、私達に相談していただければ充填作業を一手に引き受けます!また、真空充填の際の容器も豊富な品揃えの中からご提案することが可能です。丁寧な仕事をモットーとしているスタッフが、皆様を責任をもってバックアップいたします!

お問い合わせはこちら

06-6997-2377

【受付時間】
平日 8:30 ~ 17:30 (土日祝除く)

大阪屋ができること

大阪屋Webカタログ